fcb.portal.reset.password
Messi, celebrant el seu primer gol al Mundial 2014

W杯初ゴールを祝うメッシ. FOTO: FIFA.COM

マスカナでの メッシとマスチェラーノ のアルゼンチンは、ボスニア・ヘルツェゴビナを前に勝利をあげてデビューを果たした。(2-1). アレハンドロ・サベージャが率いる代表は、コラシナッチが決めたオウンゴールのおかげで先制したが、その後、レオ・メッシが見事なゴールを追加した(64')。最後にイビセビッチが85分に試合を2−1にしたが、勝ち点3はアルゼンチンのものとなった。

アルゼンチンの1-0 は、コラシナッチのオウンゴールだったものの、メッシが送ったセンタリングをロホがシュートしたものがきっかけとなった。そこから後、ハーフタイムまでそれほど特筆すべきことも、チャンスもなかった。

更にメッシ

後半がスタートし、ガゴとイグアインが入り、再び、試合は活気づいた。メッシがプレーに入り込み、アグエロに二回に渡りラストパスを出したが、ゴールにはならなかった。それから65分、イグアインと組んだメッシの見事なプレーから、多くのディフェンダーを超えた後、ゴールが生まれた。2−0はチームに落ち着きをもたらした。

そこから試合の最後まで、サベージャのチームは多くの魅力的なサッカーシーンを披露し、スコアを広げようとしたが、85分にイビセビッチがボスニアのわずかなチャンスを生かし、1点を返した。試合は2−1となったが、その結果をキープしたまま、試合は終了した。

上に戻る
_satellite.pageBottom();