fcb.portal.reset.password

Messi, deixant el camp del Betis. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

クラブのメディカルサービスの発表によれば、今朝、レオ・メッシが行った検査の結果、選手は、左脚太腿二頭筋に筋肉の断裂を起こしていることがわかり、治療に要する期間は約6週間から8週間と診断された。最初のリハビリは、バルセロナで行ない、後半はブエノスアイレスで行なう予定だ。、
メッシは、ベティス―バルサ戦で19分に違和感を感じて交代せざるを得なかった。ベニト・ビジャマリンでの試合を含めて、バルサの‘10番’は、2013/14年、公式試合16試合に出場し、14ゴールをマークしている。

不運な怪我

これは、今季、メッシにとって三度目の負傷になる。8月21日、アドれティコ・デ・マドリードの第一戦で、左足の大腿二頭筋のインナーマッスルに挫傷による血腫が生じたため、1週間、動けずにいた。その後、アルメリア(9月28日)で、右足の大腿二頭筋ハムストリングを痛め、3週間、離脱していた。

上に戻る