fcb.portal.reset.password

Neymar i Messi, amb els seus fills. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ネイマールにとって、適応期間はなかった。到着するやいなや幸運が舞い降りてきた。21歳のブラジル人選手は、バルサ流のチームのプレースタイルに最短記録で適応した。ヘラルド・マルティノは、少しずつ、チームに入り込ませ、彼の持つ実力とその決定力が残りの部分を引き受けた。バルサの‘11番’は公式試合9試合中既にアシストを5回出しており、その恩恵は既に5試合で7ゴールを決めているレオ・メッシも受けている。世界一の選手は、ロサレダでのマラガ戦は休息したにもかかわらず、この数字を手にしている。

ゴールとアシスト

レアル・ソシエダ戦で、 ネイマール は前半4分にセンターFWさながらの先制点をマークした。相手ディフェンダーのミスをの見逃さず、ボールをネットに押し込んだ。その3分後、ネイマールメッシにアシストパスを送り、メッシはそれをミスすることなく、ゴールに沈めた。これがネイマールが出した5回目のアシストになった(バレンシア、セビージャ、アヤックス、ラヨ、レアル・ソシエダ戦)。試合中、ネイマールはメッシを探し、8回ものパスを出し続けた。二人がバルサに大きく貢献しているタンデムなのは、明らかだ。

試合開始の笛が吹かれる前、ネイマールとメッシはピッチの上にそれぞれの息子、ティアゴとダビ・ルカを抱いて現れた。全員がバルサのユニフォームを着て、カンプノウに立ったのは、初めてのことだ。

上に戻る