fcb.portal.reset.password

Neymar Jr i Messi jugaran junts a partir d'aquesta temporada

レオ・メッシとネイマール Jr は、来季、共にプレーすることになる。二人のクラックは、 慈善試合で重なり, この二人は敵のディフェンスにとってマークするのに苦労する悪夢のようなタンデムを組んだ。二人は、FCバルセロナの歴史上のベストタンデムの高みに達している。

ラス・コルツのカンプノウにゴールの雨

カン・バルサの記憶上、史上最初の最強FWコンビとしてあげられるのが、 セサル・ロドリゲス (1942-55) ラディスラオ・クバラ (1951-61) だ。その才能をカンプノウで4年に渡って示し続けた。ハンガリー人FWは、50年代にバルサを発展させ、セサルは純粋な‘9番’として誰も寄せ付けられないポジションを確立した。二人でバルサのユニフォームを身に着け、合計571ゴールをマークした (セサル、291、クバラが280ゴール).

ペルー―オランダコネクション

FCバルセロナ史上に残る伝説的タンデムに、 ヨハン・クライフ(1973-78)ウゴ・ソティル (1973-76) がいる。二人とも夏に移籍してきて、クライフのマジックとソティルの動きがクラブに1973年のリーグ優勝をもたらした。バルサで二人が共にプレーしていたのは、2年間、1876年までであり、その後、ソティルは生まれ故郷のペルーに戻った。

82年ウイナーズカップの英雄

その3年後の1979年、 デンマーク人選手の アラン・シモンセン (1979-82)が移籍してきた。彼は キニ (1980-84) と見事なタンデムを組むことになった。このサイドアタッカーとセンターFWのコンビネーションは、2シーズン続き、その間、国王杯、欧州カップウイナーズカップを獲得するのに十分だった。カップウイナーズカップの決勝戦で、スタンダール・リエージュと対戦し、二人は得点をあげた (2-1)。

夢のような1年半

90年代、最も決定力を持ったタンデムは、ウリスト・ストイチコフ (1990-95 y 1996-98)ロマーリオ (1993-95) だろう。もちろん、その背後で支えたラウドルップも含めた上だが、ブルガリア出身のストイチコフとブラジル人のロマーリオは、そのポテンシャルと創造力のコンビネーションで、FCバルセロナを四年連続リーグ連覇に導き、欧州杯獲得寸前までいった。バルサの選手として、それぞれの代表で戦いながら1994年のワールドカップをゆざぶったのも、記憶にあることだろう。

黄金のコンビネーション

パトリック・クライファート (1998-04)リバウド (1997-02) はバルサの変遷期のリーダーシップを担った。エレガントな右足を持つオランダ人選手と切り裂くような左足を持つブラジル人選手のコンビネーションが、1998/99年のリーグ優勝カップを持ち上げる結果となり、ドリームチームの終焉を超えるよう、助けた。 1999年、ルイス・フアン・ハールの指揮のもと、自らの意思に反してサイドでプレーしながらも、リバウドはバロンドールを制覇した。

マジックと個性

最後に組まれたバルサのタンデムとして、 ロナウディーニョ (2003-08)サミュエル・エトー (2004-09)の組み合わせがあげられる。彼らは 2005 年、 2006年のリーグ優勝をもたらし、クラブ史上二回目のチャンピオンズリーグも手に入れた。二人でゴールした総計数は263ゴールだった。ロナウディーニョはそのマジックと創造性、技術で魅了し、エトーはスピード、常にゴールに飢えているその強烈な個性を加えて、二人で チームの指揮をとった。

上に戻る