fcb.portal.reset.password

Leo Messi, en una roda de premsa / FOTO: ARXIU FCB

レオ・メッシは、来季、カルラス・プジョルがいなくなることで、寂しくなると公言した。これは、‘ムンド・レオ’(レオの世界)のテレビ番組の中での発言で、メッシは、「熟考した上での決断だったのだろう。こういった決定を下すのは簡単ではないから」と説明し、「そういったのは、彼自身が完全にその決断に納得しているからだ。僕らは、本当にとても彼がいなくなることを寂しく思うだろう。ピッチでもロッカー内でも」と話した。熟考した上での決断だったのだろう。こういった決定を下すのは簡単ではない。バルサの‘10番’は、また、7月以降、幸運に恵まれることを祈り、「彼がやりたいことについて、最大の幸運をみんなで祈っている。それが別の場所でプレーすることでも、他のやりたいことであっても、すべてがうまくいくように願っている。なぜなら、彼は本当に素晴らしい人間であり、それに値するからだ」と話した。

今週の火曜日、 カルラス・プジョル は、16時から行われた記者会見で、今シーズン末にFCバルセロナを離れると発表した。

また、それとは別に、先日、アルメリア戦で決めたフリーキックについても話したメッシは、「スペースがあるのとキーパーがポストより、ちょっと寄っているのが見えて。壁の外側から決められるスペースがあったので、試してみたら、うまくいった」とその時のことを振り返った。

[[BOTOVERMELL::カルラス・プジョル++ありがとう・アディオススペシャル::http://www.fcbarcelona.jp/todo-sobre-carles-puyol::HOR::::NO-TRACKING::::::]]

上に戻る