fcb.portal.reset.password

Messi, Neymar i Cesc celebren el gol de l'argentí / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

今週のバルサ-セビージャ戦の興味深いデータは、レオ・メッシからスタート。

- メッシは、リーグ戦の最多得点王だ。 3試合で6ゴールをマークしたその内訳は、レバンテ戦で2ゴール、バレンシアで3ゴール、土曜日のセビージャ戦で1ゴール。

- バルサのアルゼンチン人アタッカーは、 ウナイ・エメリーが率いるチームと16回戦い、16回目のゴールを決めた

- メッシが最も多くゴールをマークしたクラブチームは、 アトレティコ・デ・マドリード (20)、 マドリード (18) 、オサスナ (16)、セビージャ (16)、 サラゴサ (14)、バレンシア (14)、 アスレティック・クラブ (13)。

- ネイマールは、ゴールのアシストを再び、リーグ戦でみせたが、その二回は、両方ともメッシがゴールで終えた。

- アウベスは、バルサで今季最初のヘディングシュートを決めた。バルサのサイドバックは、リーグ戦で4年以上、ヘディングシュートを決めていなかった。最後に決めたのは、2009年3月22日、マラガとの対戦だった。

-アウベスのゴールは、バルサがリーグ戦のホームゲームで決めた3.500ゴール目。 これに続くのがマドリードの3.471ゴール、アスレティックの 2.909ゴール。

- 二人のディフェンダーによってバルサがゴールを生み出したのは、2年ぶり。最後に決めたのは、ダニ・アウベスのパスを受けたバルトラのゴール。

- バルサは、 リーグ戦でカンプノウにおいて17連勝記録を更新中だ。 最高記録は1960年 (39)、二番目は1974年 (21)。

- マルティノは、リーグ戦で4勝を手にデビューしたFCバルセロナにおける5番目の監督 であり、今までこれを圧制したのは、ブロシッチ (1960)、ベナブレス (1984)、フアン・ハール (1997) 、ビラノバ (2012)のみだ。

- バルサは、 リーグ戦で2年連続4連勝して開幕した二番目のチームだ。一番目は、レアルマドリードで、1961年と1962年。

- バルサは、再び、ボールポゼッションを取戻し  (63%)、 シュート回数は19回、枠内シュートは 10 回だった。

上に戻る