fcb.portal.reset.password

Mascherano, en el partit contra el Llevant / FOTO: VÍCTOR SALGADO - FCB

ハビエル・マスチェラーノは、マラガとの対戦で傑出した選手の一人だった。 ‘ヘフェシート’(小さなボスの意、マスチェラーノの愛称)は、今季、j開幕時に最も体調が整っている選手として、活躍している。そのマスチェラーノは、このマラガ戦を「多くのプレスをかけたにもかかわらず、僕らはゴールチャンスを具体的な形にすることができなかった」と振り返った。

偉大なチームを相手に多大な努力

マスチェラーノは勝利を得られたこの結果に満足し、「とても大事な勝ち点3点だ。なぜなら、マラガは偉大なチームだからだ」とコメント。続けて「水曜日にアトレティコ戦で多大な努力をしてから、やってきた。今日も僕らは多大な努力をしなければならなかった。僕らは向上しなければならない点がたくさんある。だが、勝利を手にした後は、仕事も楽になる。僕らは偉大なクラブを相手に、多大な努力をした」 と付け加えた。

調子のいいマスチェラーノ

個人レベルでは、「調子よく感じているし、バルサではミスは許されないという要求度があることもわかっている。クラブが要求するレベルでプレーできるように、努力しているが、たった一つのプレーで、それまでの全ての努力が水泡に帰すこともある。過信は許されない」と告白した。


また、アトレティコ・デ・マドリードとのスーパー杯第二戦に関しては、マスチェラーノはチームは勝ちに行くと断言。「あたかも0-0で試合が終わったかのように行く。他の戦い方を僕らは知らない。結果をキープするためにピッチに立つのは、苦しすぎる」と話した。


セスク

「最後の数分は、本当に苦しまされた。だが、僕らは苦しむことも学ばなければならない。僕らは多くの新しい環境で新しいシーズンを始めたばかりだ。向上し続けなければならない」


「前半の最初はよかった。確かに後半、僕らのプレー強度は下がった。スーパー杯を引きずっていたから、その疲れが出たのがわかった。だからこそ、今回の勝利は、とてもとても、とても大切なものだ」

「もっとゴールを決めることもできたし、チャンスはあったが、僕らは得点できなかったから、それだけに最後の方はより苦しんだ」


「いつも、もっと向上しようとしている。人々は僕にもっとと望むし、それを僕は与えなければならない。監督が僕に求めていることもわかっているから、それを起点に、監督の信頼を勝ち取るために頑張るだけだ」


「チームはメッシとネイマールのみに頼っているわけじゃない。僕らはみんな大切だ。誰もがチームに
責任があるし、そういった選手が大勢いる」
.

チャビ

「マラガには、ダイレクフットボールというオプションがあるし、フリーキックなども危険を生み出す。僕らは最高の試合はできなかったが、大事なのは勝つことだった」

「アトレティコ・デ・マドリードは難しく、とてもタフなライバルだが、ホームでプレーするメリットを利用して、アウェーでいれたゴールの価値を生かさなければならない。バルセロナにスーパー杯をもたらしたい」


「ネイマールはとても若いが、完璧に適応している。少しずつ、入り込んでいくべきだが、僕らに多くのことを与えてくれている。重要な選手になることは間違いない」

「リーグ戦が二強のものだとは思わない。もっと多くのチームが参戦してくる。マラガが、どんなチームでも簡単には勝たせてくれないことを証明したばかりだ」

上に戻る