fcb.portal.reset.password

気力的にチームはまいっていたことを明かしたイニエスタ / FOTO: MIGUEL RUÍZ - FCB

ビジャレアルで逆転勝利をあげた後の選手のコメントは、以下の通り。

ハビエル・マスチェラーノ

「それぞれ、一人一人ができる限りの力を出した。全てが余りにも起きたばかりで、唯一、僕らができたのはご遺族に寄り添い、その痛みを分かち合うことだけだった」

ティトはいつも僕には本当に良くしてくれた。タイトルを取るたびに僕は彼に抱き着いて、この思い出と一緒に生きることができる可能性に感謝したものだった

僕らが行なうことは、最後まで戦うことだ。ティトがやったように」

彼の戦いがすごく難しいのはわかっていたが、実際にそれが起きるまで、想像するのは難しい

イニエスタ

「僕 らの行なっていた試合内容は悪くなかった。試合のコントロールを握っていたし、ゴールチャンスもあった。でもハーフタイム前の相手のゴールに痛めつけられ た。2ゴール目はsらにそうだった。でも、僕らは最後まで戦った。それが僕らがすべきことだったし、最後には勝利を手にすることができたl .

「もし、このチームが勝って、物事がうまくいくなら、それはサッカーでいい内容のプレーをしているからだ。ひっくり返すのがとても難しい試合で逆転できた」

「リーグタイトルの可能性に少しだけ望みを持っているが、僕ら次第ではない。僕らがミスすることができないのはわかっている。他もミスしなかったから、チャンピオンを祝すしかない

「ティトの死は僕らにとても強く影響を与えた。ずっと前から知っていたけれど、彼と共に僕らは勝ち点100のリーグを達成したんだ。彼は人としての手本として僕らと共にいる」

バルトラ

「ティトのおかげで僕はトップチームにいる。彼はホーム育ちで、こころからバルサの人だった」

「簡単に立ち向かえる試合ではなかった。自分達の近しい人が逝ってしまったのだから、難しかったが、僕らは最後まで戦い、難しかった試合をひっくり返すことができた」

「試合前に、タタは僕らにティトの例をとってやろうと言ったので、僕らはそうしたんだ。常に野心的に戦い、決してあきらめなかった」

「この気力の状態でスタジアムに来るのは容易ではなかったが、ティトが僕らに残してくれた教えを守って戦った。この勝利を捧げることができた」

「すべてが終わるまでまだ、何も失われていない。僕らは机をこぶしで叩いて、リーグ戦に向かっているぞと証明したんだ」

チャビ

「プレーするのが非常に難しい試合の一つだった。体は良くなかったし、僕らはバルセロニズムの道しるべを失ったんだ。常に彼は僕らの手本となるだろう」

「僕らは勝つために、誇りとガッツをかけて戦った。この試合をティトに捧げます」

上に戻る