fcb.portal.reset.password
記者会見で質問を聞くマスチェラーノ

記者会見でのマスチェラーノ/ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

Gerardo Martino, durant la roda de premsa. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

・ハビエル・マスチェラーノ前日記者会見

「まだ、僕らを殺さないで欲しいね。僕らが実際、死んでしまうまで待って欲しい。だが、今はまだ、殺さないで欲しい。僕らはリーグ優勝、国王杯、チャンピオンズを手にする可能性があるのだから」

・バジャドリード戦での黒星後
「チームは傷ついていないl

 「僕らに全てを失ったと信じさせたいだけだ。けど、実際はそうじゃない。シティ戦は、それを証明するいい機会だ」僕らに全てを失ったと信じさせたいだけだ。けど、実際はそうじゃない。

「その意味で、僕らにはメリットがあるし、それを最大限に生かしたい」

「シティ相手に僕らは自分達のやり方に忠実に戦う。リーグ戦のことは、木曜日になったら考えるよ」

「僕らのベストバージョンを取り返すことで、3大会制覇の可能性につながるだろう」

「(マルティノと)仕事をするのは今年が初めてだ。彼は15日間に2試合負けるなんて状況より、もっと厳しい状況を超えてきたんだ。彼も僕らも、今よりも、ずっとドラマティックな状況を超えてここまで来たんだ」ヘラルド・マルティノを低く見るべきではない。彼は全て自分の力で手に入れてきたのだから。「マルティノは、あなた方にとっては名前のある監督じゃないかもしれない。でも、この職業を15年間やってきており、彼が手にしているものは、誰かにプレゼントしてもらったものじゃない。敬意を勝ち取るためにアルゼンチンからやってきて、それを手にしたんだ。その後、再び、アルゼンチンでも敬意を受けた。彼はワールドカップを手にする寸前までいった人で、殆ど、ワールドチャンピオンみたいなものなんだ。彼を低く見るべきではない。誰も何もプレゼントしてはくれない。その功績を疑い始めた時は、敬意を失っている時だ」

・ヘラルド・マルティノ前日記者会見

「もし、第一戦の0-2を考えたら、敗退するリスクを手にすることになるだろう。この試合がまるで0-0で来た後半であるかのように、考えなければならない」

「私達は自分達が最高だという感触を取戻し、共にプレーしてきた瞬間を考えなければならない。そんなに以前の話ではないのだから。そうやってプレーすれば明日、素晴らしい試合ができると信じている」

「これだけの全部を手にして、前進する力がないなど、考えたこともない。私達は手持ちにあるものでプレーしなければならない。リーグ優勝も全くもって視野に入れている。チャンピオンズにいるし、国王杯の決勝もプレーしなければならない」メッシとネイマールは、あまり、一緒に重ならなかった。これは時間の問題だけではないが、シーズンが進むにつれて、二人の呼吸があってきた。

「メッシとネイマールは、あまり、一緒に重ならなかった。これは時間の問題だけではないが、シーズンが進むにつれて、二人の呼吸があってきた。二人が非常に優秀だとしても、常にいい状態でいなければならないということは、保証されているわけではない」

「ネイマールは負傷のせいで、4人のミッドフィルダーと重なってプレーすることがなかった。マンチェスター戦だけだが、フレッシュにプレーした。運悪く負傷したが、ここから後、再び、彼の最高なバージョンを見られることを期待している」

上に戻る
_satellite.pageBottom();