fcb.portal.reset.password
Gerardo Martino observa amb atenció el partit entre l'Elx i el Barça

Tata Martino durant l'Elx-Barça al Martínez Valero / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

エルチェでのドローの後、リーグ戦の「ファイナル」は、カンプノウでバルサとアトレティコ・デ・マドリード戦によって決まることになった。ヘラルド・タタ・マルティノ は、勝ち点を増やしたことを評価し、バルサがもし、勝てば、チャンピオンになるが、「私たちが望んだ結果ではなかったが、残りの結果を見た後、この勝ち点を評価する。最も大事なのは最後に可能性を残しているということだ」とコメントした。

マルティノ とチームは、決定的な1週間を過ごすことになる。マルティノはサポーターが寄り添ってくれることを期待し、「残りの90分間、サポーターの支えを期待したい。彼らの助けと共に私たちはタイトルを制覇できる」と断言した。

私たちが望んだ結果ではなかったが、残りの結果を見た後、この勝ち点を評価する。最も大事なのは最後に可能性を残しているということだ。

エルチェにて、バルサ は、残留のために、勝ち点をあげる必要があるやりにくい相手と戦った。マルティノは「最後の瞬間、プレーがはっきりしないことがあった。もし、エルチェがゴールを決めたら、私たちの可能性はゼロになるからだ。私たちはゴールを決める必要があったが、スコアはゼロに終わった」と説明し、「私たちは、他の残り試合の結果はさておき、あらゆる方法を試した と明言した。

マルティノは、ドローの結果について「シーズン中、同じ結果が繰り返された。チャンスを早くから逃した場合、時に忍耐が一種の絶望感に姿を変えることがある」と分析し、同じように「ラストパスを見つけ出すのに前半の方が良かった」ことも付け加えた。

上に戻る
_satellite.pageBottom();