fcb.portal.reset.password

Martino, parlant amb Messi / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FCバルセロナがリーグ史上、最高の開幕を記録したアルメリアで今週の土曜日に行われた試合 (0-2)は、アヤックス戦やラヨ戦を思い起こさせられた。タタ・マルティノも、そのように試合が終わった後、認めた。「前半、私達は試合をコントロールできなかった。後半は、もっとコントロールを全面的に手にすることができた。今までの過去の試合と似通っていた」。

その意味で、トップチームには「ボール回しが正確性に欠けた」と監督は信じている。後半は、それが向上した。「私達が探しているのは、90分間を通して、試合をコントロールし、継続していくことだ。アルメリアを相手に私達はいい試合をできた時間もあったし、普通レベルの時間もあった」と付け加えた。

アルメリアへの賛辞

  また、マルティノ監督は今週の土曜日のライバルへも賛辞を送った。「前半のアルメリアは、とてもよかった。前半最後の20分から25分の間、メッシのゴールの後、私達に後ろに下がることを義務付けた。特にスソは私達を苦しめた。彼は非常に歓声された選手だ。ソリアーノへのロングパスを受けて、プレスをはねのけて。おそらく前半にあれだけ力を出した結果、後半にきてしまったのかもしれない」と話した。

メッシの負傷

メッシの負傷についてきかれると、マルティノは、「メッシのは、ぱっと見、右足裏のハムストリングの‘ちょっとした’ことがゴールの瞬間に起きたようだ。だが、検査前に、これ以上のことを言うのは難しい」とコメントした。今週の日曜日、負傷の度合いがわかる予定だ。

上に戻る