fcb.portal.reset.password

Tata Martino i Simeone es trobaran per primera vegada a les banquetes

ヘラルド‘タタ’マルティノとディエゴ・パブロ・シメオネこの二人のアルゼンチン人監督は、それぞれ、母国で監督としてキャリアを積んだにもかかわらず、かつて一度も向き合って戦ったことがない。だが、それも今週の水曜日に終わる。というのも、ビセンテ・カルデロンで行われる2013年スペインスーパー杯の第一戦で、バルサは今季の初タイトルを決めるこの第一レグに、レバンテでの見事なリーグ開幕戦結果を出した後、挑むからだ。

チョロ、アルゼンチンでのキャリア

マルティノは、2011年の12月から、アトレティコ・デ・マドリードを率いているディエゴ・パブロ・シメオネと対決する。90年第に選手として成功を収めたアトレティコに監督として来る前、シメオネは、アルゼンチンで2006年からキャリアを積んでいた。その後、引退したラーシング・クラブ・デ・アベジャネダで、監督キャリアをスタートし、クラブを窮地から救っている。

その次の紙0図ンには、トルネオ・アペルトゥーラ(前期リーグ)で、エストゥディアンテ・デ・ラ・プラタを有終に導き、その後、アルゼンチンのビッグクラブ、リーベル・プレートも率いた。また、ロス・ミジョナリオスでは、2008年のクラウスーラを制覇し、サン・ロレンソをも率いた。その後、ヨーロッパに居を移し、イタリアのカタニアを半年間率いた後、再び、ラーシング・デ・アベネダに戻った。

タタ・マルティノとの接点

2011年12月、 シメオネはアルゼンチンを去り、グレゴリオ・マンサーノの後任として、アトレティコ・デ・マドリードの指揮をとった。タタ・マルティノは、ニューウエールズ・オールド・ボーイズとサインを交わした。 1980年代に選手として成功を収めたクラブだ。その後、シメオネがアルゼンチンで指揮を執っている時、マルティノはパラグアイ代表を率いていた。このように両者がアルゼンチンにいる間に、重なることはなかったのだった。

シメオネが監督としてキャリアをスタートするずっと前から、タタ・マルティノはベンチにいた。タタの監督キャリアは、 1998年から始まっており、アルゼンチンでは、プラタネセ、インスティトゥート・デ・コルドバを率いており、パラグアイリーグでは、リベルダ、セロ・ポルテーニョを率いている。コロン・デ・サンタフェを短期間率いた後、再び、パラグアイに戻り、代表監督として務めた。

このようにして 今週の水曜日、ビセンテ・カルデロンにて、ディエゴ・パブロ・シメオネとヘラルド・タタ・マルティノは、初めてベンチで顔を合わせることになる。スペインスーパーカップという今季初タイトルを賭けた試合のキックオフは、23時だ。

上に戻る