fcb.portal.reset.password
記者会見中のマルティノ

記者会見中のマルティノ / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

日曜日のレバンテ戦 (19 時, GolT y Canal + Liga局) は、そのプレビューから、特にその後もまだ、レバンテとの試合が続くため、注目を浴びている。

いまだに今季、リーグ戦での7-0が記憶に新しいが、マルティノは、その結果について、「あの試合は通常じゃなかったと思う。とりわけ、その後、レバンテが行なったことを思えば、なおさらだ。レバンテは強固で、競合でき、カウンターアタックがスピーディで、守備もうまい。彼らにあそこまでゴールを決めた試合はなかった。当然、あのような試合は期待していない」 顔を合わせるのに、飽き飽きするだろう。 どの試合も似たような試合になるとは、誰も考えないだろう。 また、国王杯でもレバンテと対戦することについて、 「顔を合わせるのに、飽き飽きするだろう。 どの試合も似たような試合になるとは、誰も考えないだろう。ビジャレアルーレアルソシエダ戦が好例だ」とマルティノは説明した。ビジャレアルは、月曜日にリーグ戦でレアルソシエダに5-1で勝った後、木曜日にソシエダ相手に0-1で負けて、国王杯で敗退したのだ。イニエスタはほぼふつうに練習に参加している。 もし、これが決勝だったら、彼はプレーしていたかもしれない。 召集リストに関して、プジョルとイニエスタが欠場することについて、プジョルについては「2試合続けてプレーできる状態にないわけじゃないが、不必要にリスクのある試合で走る必要もない。このような形で、彼の力を蓄えることができれば、チームにとっても彼にとってもいい」と説明した。

イニエスタについては、「イニエスタはほぼふつうに練習に参加している。 もし、これが決勝だったら、彼はプレーしていたかもしれない。試合前に、もう少し、練習を積んだ方がいいのでは、と考えた」と話した。「後半に入り、相変わらず、状況は互角のままだ。おそらく私達は勝ち点100点を手にしてよし、というリーグにはいないのだろう。マルティノは、リーグ戦の状態についても話し、「後半に入り、相変わらず、状況は互角のままだ。おそらく私達は勝ち点100点を手にしてよし、というリーグにはいないのだろう。他のトップ2位のチーム同様、大会のリズムを失わないようにしている」とコメントした。


上に戻る