fcb.portal.reset.password

レバンテ戦の最中のマルティノ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ヘラルド・マルティノ は、ドローに終わったレバンテ戦(1-1)の記者会見で、バルサは「勝つために、非常によく」戦ったものの、結果は「私達が探しにきたものではなかったし、私達は勝つのにふさわしい試合を行なった」と話した。また、「最終ラインで運がなかった」ことも付け加え、残ったシーズン中にまだ、「多くのサプライズがあるだろう。残った18節でそれがわかるだろう」と話した。

レバンテについて マルティノ は、 「シーズン最初に比べてずっと良くなかった」と認めたものの、バルサは勝つためにすべてをトライしたといい、「私達はすべてをトライしたし、良い試合を行なった。外側からも内側からも決めるためにトライしたが、私達だけでなく、ライバルのキーパーも非常にいい仕事をした」とコメントした。

最後にマルティノは「勝てなかったのだから、悲しく去る。だが、私達は自分達に忠実にプレーをした。この手の試合では、10回中9回は勝つと私達はわかっている」とマルティノは話した。次のバルサの試合は、再び、レバンテとの対戦になる。水曜日22時に行なわれる国王杯が次戦だ。

上に戻る