fcb.portal.reset.password

記者会見でのヘラルド・マルティノ / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

シーズンは残念ながら、終わりに近づいてきており、ミスは犯すごとにその代償が高くなる。土曜日の出来事は、例えば、59週間続けてきた首位を落と す結果となった。 「私達はバレンシア戦の後半中、戦術面でミスを犯した」とレアル・ソシエダとの対戦を前にした記者会見で、マルティノは話した。(22 時、 Antena 3局).

マルティノは、レアル・ソシエダがディフェンシブに来るのか、攻めてくるのか、わからないと説明した。「今 週末(ビセンテ・デ・カルデロン)は、‘9番’抜きでプレーしたが、前線一人でプレーする可能性もある。私達のプレー次第で、彼らがどのように試合するか を変えることができる」 試合が有利に動いている時は、チャンスを逃さず、とどめを刺さなければならない。また、マルティノは試合のチャンスを生かす重要性についても話し、「試合が有利に動いている時は、チャンスを逃さず、とどめを刺さな ければならない。普通はマークし始めた方のチームが、2ゴール、3ゴール差で勝つものだ」と土曜日のバレンシア戦では起きなかったことを話した。 後半、バルサのリズムが落ちたところにバレンシアの反撃が来たからだ。バレンシアで45分間、良くないプレーをしたからといって、 バルサをリーグ優勝候補から外す理由はない。そうはいっても、「バレンシアで45分間、良くないプレーをし たからといって、 バルサをリーグ優勝候補から外す理由はない。私達は首位まで1試合差であり、彼らはリーグの最終節にカンプノウにやってくるのだから」と明言した。

  その意味では、「毎試合、減っていくのはわかっているし、これからはミスしたら、取り戻すのは難しくなる。だが、常に試合に負けた後の良く試合は、再び、それをやり直し、主張する機会だ」とコメントした。

上に戻る