fcb.portal.reset.password
記者会見でのマルティノ

記者会見でのマルティノ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

先週、バレンシアを前に、首位の座を追われたバルサにとって、セビージャの遠征は大きな試練となる。「鍵になる試合の一つだ。この試合の結果が、ポジティブにもネガティブにも、将来に響く」と話し、同時に「リーグ戦はまだ長い道のりが残っている」とコメント。セビージャについては、「ホームでの試合にとても強く、既に最初の一戦でも、彼らに勝つのは至難の業だった」と表現した。ヘラルド・マルティノが記者会見で話した概要は、以下のとおり。

「対極まで行く可能性」

「私達のチームに集中しなければならない。三日間で多くのことが変わる。対極まで行く可能性がある。我々は、落ち着きを保たなければならない」

「バレンシア戦での前半は、非常に良かったが、逆に後半は良くなかった」

「ソシエダ戦での国王杯の内容は、正しいものだった」

「チャンスに比べて効率性の面で向上しなければならない」

今度も調子のいい選手には、チャンスを与えていくが、今後、ローテーションが減っていくのは、明らかだ。

決定的な段階

「日々、ローテーションできるマージンは減ってきている。私達は決定的な段階にいる。今度も調子のいい選手には、チャンスを与えていくが、今後、ローテーションが減っていくのは、明らかだ」

「イニエスタは、通常であれば、ピッチでチーム内にいるのが普通だ。彼が外れたのは、その時の状況による一過性のものだ」

上に戻る
_satellite.pageBottom();