fcb.portal.reset.password
Martino, a l'entrenament d'aquest divendres.

金曜日の練習中のタタ. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

カンプノウで迎え撃つヘタフェ戦を前に、ヘラルド・マルティノは、「多くの必要性が重なっている試合だ。一方は降格ゾーンから抜け出そうとしており、もう一方はリーグタイトルの望みをつないでりる」と表現し、よって「非常に完成度の高い試合」を目指している。なぜなら、対戦相手は「極限の状況」にいるため、簡単には勝たせてくれないことが想像できるからだ。 私達は、非常に困難な時期に2試合を戦った。可能性がある限り、最後まで戦いたい。とはいえ、タタは、選手が答えてくれるだろうと疑っていない。「私達は、非常に困難な時期に2試合を戦った。可能性がある限り、最後まで戦いたい」と話し、「可能性は高くない。だが、そこにある」と可能性がある限り、戦い続けていく姿勢を示した。

スタイルに忠実に

また、マルティノは、「この選手らは決して争うことにも、勝つことにも飽きることはない。状況がどんなに困難なものでも、決して戦うことをあきらめたことはない」と付け加え、同時に力強く、バルサのプレースタイルは、元監督のペップ・グアルディオラが1週間前にチャンピオンズリーグで敗退し、非難されたとしても、守られるべきものだと語った。 「現在、あらたに出てきたスタイルをほめたたえるためには、一つの決められたプレースタイルを葬り去る必要がある。だが、私はそれには同意できない」と明言した。現在、あらたに出てきたスタイルをほめたたえるためには、一つの決められたプレースタイルを葬り去る必要がある。だが、私はそれには同意できない。また、自身の将来については、「まず、残っている二試合のことを考えたい。2試合というのは、この2試合でどんな可能性があるのかがわかるからだ」と話し、「スビサレタとは常に将来のことについて話している。私に残ってくれと言わないのは、まだ契約が残っているからで、その必要がないからだ」と 付け加えた。マルティノは、「非常に緊張感のあるシーズンを送っているが、シーズンに問題があるわけではない」と明らかにし、「新たな知識を得た1年」だったと振り返った。

上に戻る