fcb.portal.reset.password
Martino parlant davant dels mitjans de comunicació a la roda de premsa

記者会見中のヘラルド'タタ'マルティネス / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

バルサは今週の日曜日、リーグ戦を決定するために戦う2試合中の最初の1試合を行なう。前節を終えた今、バルサは自力で優勝できる\状況にある。ヘラルド・タタ・マルティノは、「私たちにはセカンドチャンスが訪れたと理解しているが、試合はまだ、これからプレーしなければならない」と気を引き締めた。それに「まだ優勝したと決めることはできないし、それはこれから戦う2試合の対戦相手への敬意にも欠けている」と付け加えた。

私たちにはセカンドチャンスが訪れたと理解しているが、試合はまだ、これからプレーしなければならない。

また、前節、ヘタフェと引き分けた後、再び、リーグ戦が生き返ったことについて、「誰もが思っていたように、私たちも、既にリーグ優勝できないと思っていたが、間違えていたことにみんな喜んでいるし、再び、可能性があることに満足している」。とはいえ、マルティノは「エルチェはホームに強いチームだし、残留を決めるのに彼らも勝ち点を必要としている」とコメントした。

また、マルティノはこの状況は価値があると考えており、「現況にいるのは、ほかのチーム同様、私たちがそれに値するからだ」と話し、「私たちが首位を譲り、ライバルにリーグ優勝のオプションを与えたように、今度は逆に対戦相手が私たちにタイトル奪取の可能性をくれた」と指摘し、「リーグ戦の急展開に私は驚いていない。これがサッカーだし、サッカーには全てがあり得るからだ」と付け加えた。私たちが首位を譲り、ライバルにリーグ優勝のオプションを与えたように、今度は逆に対戦相手が私たちにタイトル奪取の可能性をくれた。

上に戻る