fcb.portal.reset.password

記者会見場でのタタ・マルティノ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ヘラルド 'タタ' マルティノ は、セルタ戦前の記者会見に現れたが、その数時間前に、クラブのジョセップ・マリア・バルトメウ会長が「マルティノは契約を遂行したいと私達に伝えた」と話したことを受け、その点について聞かれると、「私は常に契約を遂行する」と改めて明言した。 再び、タイトルを目指せる状況にした今週末の結果を生かさなければならない。

ベルナベウで日曜日に勝利を挙げた後、「いい感触で、シーズン最後に迎えているし、三チームともそれは同じで、同様の可能性を手にしている。再び、タイトルを目指せる状況にした今週末の結果を生かさなければならない」と試合前の抱負を語った。

また、セルタ戦でテンションが下がるとは考えていず、「チームのそういったことについては、心配していない。私達は困難な時期を乗り越えて、リーグ争いに再び、参戦するために戦ってきた。だからこそ、選手の態度に疑問を感じることはない」とマルティノは話した。また、バルサが求めているのは、最終週に行なったことだといい、「集中力不足、プレーレベルや強度をキープできない、というようなことがあれば、タイトル制覇の危険に追い込まれる」 ため、シーズン末の目標は、「波がない状態をキープすること」だと話した。この間の試合は、サッカーについて話す要素がたくさんあったが、多くのテレビで話されたが、殆どサッカーには触れていなかった。

また、マルティノはクラシコ では、「この間の試合は、サッカーについて話す要素がたくさんあったが、多くのテレビで話されたが、殆どサッカーには触れていなかった」ことを残念だと話し、また、初めてのベルナベウでのマドリード―バルサ戦について、「最初に到着した時、何で素敵なグラウンドなんだと」言ったことを明かし、スタジアムを「ほっとした」気持ちで去ったことも明かし、「バルサが同じようなファイナルをリーグ戦の終わりに手に入れられるように」願っていると話した。

最後にチャンピオンズリーグのベスト8の対戦相手、アトレティコ・デ・マドリードについて、「ヨーロッパの二本指、三本指に入るクラブ。どんなチームにとってもやりにくい相手だ」と評した。

上に戻る
_satellite.pageBottom();