fcb.portal.reset.password

Gerardo 'Tata' Martino, a la roda de premsa d'aquest dissabte. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

バルサは、今季、開幕戦をカンプノウにてレバンテを相手に行なう。タタ・マルティノは、試合前日記者会見に現れ、「最も心配していることは、いい内容のプレーをして勝つということだ。これは自信をつけ、メッセージを送るのに基本だからだ」「できるだけ早くバルサがいい状態にいて欲しい。そのために、最初の瞬間、起点から最善を尽くしたい」と付け加えた。

最初の試合の招集リストには、メッシやファブレガスも含まれていた。「メッシやセスクもいろいろとあったが、今は通常通り練習している。プレーするのに問題はないだろう」と説明した。

プジョル待ち

マルティノはセンターバックの補強についてもはっきりしていた。「私はプジョルの復帰を待っている。彼はピッチでプレー強度の高い練習を行なっているし、9月の代表週が終わった後、通常通り、練習できる可能性が高い」と話し、「私はクラブの姿勢はわかっている。私にとっては、プジョルが戻ってきて、ピケ、バルトラ、マスチェラーノ、アドリアーノ或いはブスケッツがいれば、十分だ。もし、何かあったら、三か月後に冬の移籍があるのだから」プジョルが戻ってくるのを待っている。 非常に高いプレー強度でピッチでの練習を行なっているし、9月の代表週の後に通常通り、戻って来られる可能性は高い。

また、「昨年、ディフェンスにあった問題は、全て負傷の問題だった。全員のコンディションがよければ、私達には他のオプションがある」と付け加えた。

デビュー寸前

個人レベルでは、「私は欧州サッカーでは新人だが、監督としてそういうわけではない。とはいえ、デビュー戦は常に不安を生み出すものだ」と話した。個人的には適応は順調であり、「バルサの世界は非常に広いので、いまだに人々を知っているところだが、ピッチ上はもっと楽だ、それにそれが私達が答えなければいけない場所だ」とコメントした。唯一、ネイマールに必要なのはチームに入り込むのに論理的であって欲しいということ。彼の到着は普通じゃなかったし、フィジカル面での準備が不足しているかもしれない。

また、ネイマールの適応については「辛抱して、落ち着いて」時間を与えることだとし、「彼は1対1に非常に強い素晴らしい選手だし、練習では快適に過ごしているのが見える。唯一、私達が必要としているのは、彼をチームに挿入していく時間について、論理的であることだ。彼の到着は普通ではなかった。フィジカル面での準備がほかより、少ないかもしれない」

上に戻る