fcb.portal.reset.password
ビルバオ戦前の記者会見でのヘラルド・マルティノ

記者会見でのヘラルド・マルティノ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

アスレティック・クラブーバルサの試合前日記者会見で、ヘラルド・マルティノは、アムステルダム・アレナでの試合をフォローするために取り組んだと話し、「我々の答えは、サッカーを通したものでなければならない。内容のいい試合をし、この間のような前半を繰り返さないこと。我々は別の顔を見せつけなければならない」と話し、「この試合が我々がどんなシチュエーションにいるのかを浮き彫りにすることになるだろう。我々は最大限に要求されている」と付け加えた。

バルサの監督は、対戦相手が「アグレッシブな攻撃的サッカーを提案」してくることを期待しており、マルティーノいわく「アスレティック・クラブは質が高く、テクニックに優れた数多くの選手を抱えている非常に難しい相手」だと話した。

明白な目的

アムステルダムの夜に話が戻ると、マルティーノは態度がどうこうでhなく、「強度が少し足りなく、サッカー的な問題」だと話した。また、グループが自己批判していることを強調する一方で、一部で言われたように選手らを叱り飛ばしたという事実はないと話した。「アヤックス戦で何が起きたのかも、その前の3か月が良かったことも、明白ではない」とし、はっきりしているのは「ここから後、次にある20試合で1試合は必ず負ける」ことであり、同時に最初の黒星が「何の始まりにもならない」ように努力しなければならないと話した。

「そのために日曜日の試合がある」とマルティノは話し、「この試合は、アヤックス戦で起きたことの後という特別な状況を抱えている非常に重要なものだ」ちつづけた、この日曜日の試合が示している目標は、明らかだ。「今年をいい形で終えることのみを館あげている。ヨーロッパではグループ首位になり、リーグ戦では首位で位置づけることだ」。

上に戻る