fcb.portal.reset.password

Gerardo Martino, en la roda premsa prèvia al Clàssic. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

初のバルサーマドリード戦前の記者会見で、クラシコは「うまく運ばせて、試合に勝とうという大きな期待感」を覚えていると話したタタ・マルティノ監督は、「勝つためのオプションを手にするためには、バルサは内容の伴ったプレーをしなければならない」と断言。また、ボールをとられることを許してはならないとレアルマドリードのカウンターを 気にかけていることも明かした。最後のフィニッシュを決めなければならない。そこで失った場合は、適宜に戻らなければならない。
更に「最後のフィニッシュを決めなければならない。そこで失った場合は、適宜に戻らなければならない」と話し、レアルのアタッカーが高いクオリティをもった選手であることを認識した上で、バルサがリスクを犯す積極的なプレーをするだろうと示唆した。「もしも、ベイルやクリスチャン・ロナウド、ディ・マリアなどにスペースを与えれば、リスクは高くなる。だが、私達はバルサであり続けなければならない」と話した。

後ろに下がるプレーは考えない

  バルサはクラシコを首位チームとして迎える。最近二試合、パンプローナとミランでは引き分けているが、それは監督の考えを変えるものではない。「私達の状況がいいことも、最近、2試合で勝っていないことも、わかっている。だが、私達のプレーレベルが下がったとは思わない。私達は勝てるチャンスがあったし、同じようにプレーするつもりだ。とはいえ、より護0るの可能性が高まるのではないかと期待している」と話し、同時にヘラルド・マルティノは、「今日、プレーするイレブンはミラン戦の前から決めていた」ことを明かした。ジェラルド・ピケの出場は微妙だが、「彼は招集されているのだから、プレーする可能性はある」と話すにとどめた。クラシコは、数字(勝ち点)よりも、今後に向けてのメンタル面に与える影響が大きい。
その反面、バルサの監督は クラシコ前に話題になった‘えこひいき’などの話題については避け、「私が興味があるのは、バルサが内容のいいサッカーの試合を行うということだけだ。純粋にサッカー面だけに集中したい」と話し、今回の試合が士気を高めるものであることを認め、 「数字(勝ち点)よりも、今後に向けてのメンタル面に与える影響が大きい」と指摘した。

上に戻る