fcb.portal.reset.password

練習中のマルティノt / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

ヘラルド・マルティノはベティ戦に全神経を集中している。アトレティコ・デ・マドリード相手のチャンピオンズリーグ進出はいったん、横に置いておき、少なくとも日曜日までは考えない。「ベティス戦に全神経を集中している。この試合が最重要だ。私達のリーグ戦での生き残りがかかっているからだ」と記者会見で話した。

現在、リーグ戦での生き残りを賭けているベティスについても、油断できないと館あげている。「ベティスを信用することはできない。非常にいいサッカーをする選手が多く、それもハートと気力をもって、最後まで戦う我々は、彼らが傷口を我々を使って癒そうとしている傷ついたチームだということを理解しなければならない」と話した。傷ついているチームが私達を利用して回復しようとしている状況を我々は理解しなければならない。また、マルティノにとって、有効な言い訳はない。ベティスだろうが、他の相手だろうが、リーグ戦の終盤に「可能な言い訳も有効な言い訳もない。負傷があろうが、サッカー外の問題があろうが、言い訳にはならない。もし、勝てなければ私達はいいシーズンを行なえなかったことになる。言い訳をせずに、今ある状況を私達は受け入れる」と断言した。

ピケについては、「骨盤にヒビが入るなどの状況を予見」したことを明かし、だが、努力の結果、「チーム内でも素晴らしいレベル」にいることをほめたたえた。また、ディフェンスについて「私はあアンリ実験をするタイプではない」と話しており、もし、カルラス・プジョルが回復した場合は、そのポジションを埋める可能性があることを示唆した。「とりあえず、プジョルを召集したが、土曜日までリストに完全に入るかどうかはわからない」と付け加えた。可能な言い訳も有効な言い訳もない。負傷もサッカー外の問題も言い訳にはならない。マルティノは、今回、FIFAが化した処分について、「この問題を解決するよう、担当者に任せなければならない。まだ、やるべきこと、話すべきことはがたくさん残っている。私達はもしかしたら、この先起きないことをもう、起きることであるかのように話している状態だ」と2015年6月まで選手獲得ができない可能性について、述べた。

上に戻る