fcb.portal.reset.password

Muniesa, contra el Bayer Leverkusen. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

マルク・ムニエサ は、FCバルセロナのカンテラ、ユース組織で育てられ、今回、プレミアムリーグのストローク・シティと合意に達した。契約期間は4年間だ。 カタルーニャ出身のディフェンダーは、今までバルサで全てのあらゆるキャリアを積んできた。U-21代表とユーロを制覇した数日後に、元バルサプレーヤーのマルク・ヒューズが率いるクラブチームに参加する。

イギリスにやってきて、ストーク・シティでプレーできる可能性を手にしていることに、とても満足しています。クラブを助けられるように、全力を尽くします今週の火曜日、公式に1863年に創立されたクラブチームの新選手として紹介された。「イギリスにやってきて、ストーク・シティでプレーできる可能性を手にしていることに、とても満足しています。クラブを助けられるように、全力を尽くします」とムニエサは挨拶した。

トップチームに籍を得た最初のシーズンに、幸運は21歳のムニエサに背中を向けた。2012/13年のプレシーズンマッチ、ハンブルグとの対戦、第一戦で負傷したのだ。アンラッキーなプレーの結果、ムニエサは右膝の前十字靭帯を切った。この重い負傷から回復した後、ムニエサは再び、バルサBに戻り、そこでエウセビオ・サクリスタンの元、シーズン終盤に目立つ活躍をみせた。 2013年2月23日のエルクレス戦で、ミニエスタティに再び、姿を見せた。

二度目の重い負傷

マルク・ムニエサが膝に重傷を負ったのは、最初ではない。16歳になったばかりの時、アンハッピートライアドに苦しんだが、その時は左足だった。その際は、内側、外側、十字靭帯を痛め、ピッチから10か月、離脱することになった。その数か月後、回復したムニエサは苦しみが報われた。2009年5月23日、グアルディオラは最初のリーグ優勝をほぼ手にした状態で、ムニエサを呼び、トップチームでデビューを果たしたのだ。  デビュー戦は、カンプノウで行われたオサスナ戦だった。

上に戻る