fcb.portal.reset.password

 

バジャドリードとの対戦で非常にいい内容の試合を行なった後、22歳のマルク・バルトラが、バルサTVで行なったコメントは、以下の通り。

「プレーできるのは、ホーム(バルサ)でずっと何年もプレーしてきたことに対するご褒美だと思っている。これはキャリアへのご褒美で、僕自身、大きな自信を持っている。でも、過信しない程度にだ」

「どんなプロでも、自分がプレーできるとわかっていれば、落ち着ける。でも、僕は練習でもいい状態で続けていかなければならないし、プレーする時は、いい内容のプレーをして、自分の中での最高の力を出さなければならない」

タタがローテーションをすることで、僕らは常に気を張っていなければならない。 僕らみんなを起用するのは、タイトルは11人だけで獲得するわけではないからだ。

・マルティノについて

「タタがローテーションをすることで、僕らは常に気を張っていなければならない。 僕らみんなを起用するのは、タイトルは11人だけで獲得するわけではないからだ」

・ネイマールについて
「彼は全員の中の人だ。とてもよくなじんでいるし、僕は彼ととても仲良くやっている。彼がピッチでやっていることは、練習でもやっていることだ。挑戦するのに貪欲だ」

・2013/14年の目標
「僕の目標は、コンスタントにいられて、野心的であること」

「プレー面ではあらゆる面で向上できるし、今、僕のメリットと思われている部分に関してもそうだ」



上に戻る