fcb.portal.reset.password
マンチェスターシティ- FC バルセロナ

マンチェスターシティ- FC バルセロナ

FC バルセロナは、今週の 火曜日 (20.45 h, TV3、TVE局) 、リスボアで行われるチャンピオンズリーグ決勝を目指して、マンチェスターにてシティと16強第一レグを戦う。過去にこの両者が公式に戦ったことはなく、親善試合を6試合行なったことがあるだけだ。この試合のトリビア、興味深いデータは、下記の通り。

FC バルセロナ は、ベスト16の試合を 10シーズン連続 で行なっているが、一方のシティは、クラブ史上、初めてとなる。


バルサは、マンチェスターの町で決して勝ったことがない。ユナイテッドを相手に戦ったマンチェスターでの成績は2分け2敗だ。


両者が最後に戦ったのは、親善試合のガンペル杯で2009年 (0-1)だった。 トゥーレ はバルサでプレーしていた。


その時、参加した19人の選手のうち、9人が今でもトップチームにいる。ピント、モントヤ、アウベス、バルトラ、ピケ、セルヒオ、ペドロ、メッシだ。トゥーレは現在のチームを相手にスタメンでその時、参戦した。


バルセロナのチームのイギリスにおける成績は、6勝8分け14敗だ。


シティ は、スペインリーグのチームと公式戦を4試合行っている。成績は2勝2分けだ。


 

シティの監督、 マヌエル・ペレグリーニは、FCバルセロナと22回対戦したことがある。ビジャレアル、レアル・マドリード、マラガを率いての対戦だったが、その成績は4勝4分け14敗だ。


もし、 バルサ が進出した場合、バルサはチャンピオンズリーグベスト8に7回連続出場となる。


シティは ベスト16にグループ内2位勝ち点15点で進んだ。一方のバルサはグループ内首位、勝ち点13で進んだ。


 

セスク・ファブレガスは、アーセナルの選手として、シティとは13回、対戦したことがあり、そのうち、9試合で勝利をあげている。2分け2敗を喫している。最後にイギリスのクラブと対戦した時(0-3)は、ソングもいて、ゴールを決めている。


シティは累積警告で欠場していたトゥーレを取戻し、一方、累積でミルナーが第一戦は欠場する。フェルナンディーニョとサバレタは、後、1枚イエローを受けると累積警告になるため、第二レグでプレーできない可能性がある。


 バルサには、謹慎処分を終えたセスクが戻ってくる。警告されている選手は、一人もいない。

上に戻る