fcb.portal.reset.password

Neymar, autor d'un gran gol a Malàisia. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

マレーシアでツアーは終わった。バルサは、アジアツアーをマレーシアXI選抜を相手に1-3で勝利をおさめた。メッシは違和感を抱え、最終的にクアラルンプールの試合を欠場した。この試合で、マレーシアは鉄壁のディフェンスをみせ、バルサの前に立ちはだかった。セスク(負傷で後から退場)、ネイマール(天才的)、ピケ(まるでFWであるかのように)が試合を決めた。

耐えた対戦相手

バルサは非常に組織だって、ディフェンシブかつアグレッシブなチームを前にして、苦労させられた。だが、既に親しんだこの舞台で、タタ・マルティノは練習してきた複数の攻撃的バリエーションを試した。

テクニックの差は両者間で歴然としていた。だが、マレーシアの選手及びサポーターの情熱が、不足している技術を補った。前半20分、明らかなチャンスを生み出したマレーシア選抜のシュートが、バルデスのポストに弾けた。バルサは、遠くからもゴールを試し続けた。エリア外からネイマール(26分)やイニエスタ(28分)がジュートを試した。

ネイマールの芸術作品

プレシーズン中に試すことができた攻撃バリエーションの一つは、左のジョルディ・アルバから始まる攻撃であり、今回はアルバのサイドバックから、セスクが千あtリングを決めてみせた。バルサが試合を支配し、マレーシアはチャンスを待った。実際、マレーシアのアムリがアルバのクリアミスボールを受けて、同点弾をマークした(20分)。

会場の興奮は最高潮に達したが、それも長くは続かなかった。ネイマールが再び、バルサのスコアを前に押し出したためだ。スピーディかつ決定的にエリア内でセスクから得たパスをファミのゴールに突き刺した。見事な芸術作品だった。

有終の美

そのネイマールは、ハーフタイムで交代し、退いた。試合のダイナミズムは少し変わった。バルサのコントロールは更に強まり、エリア近くから離れることがなかった。マレーシア選抜は、前半同様、耐え続けたが、前半ほどの余力は残されていなかった。最終的にバルサのイレブンはスタメンからがらりと顔ぶれを変えた。

唯一、残っていた二人がセスクとピケであり、二人の間のチームプレーから、ピケは、非常に落ち着いて3点目をマークした (75分) まだ、チャンスが残っていた  -特にドス・サントスはチャンスを手にした- が、最終的にゴールはこれ以上、入らないまま、セスクが足首を負傷してしまった。 バルサはマレーシアで1-3と試合を制し、アジアツアーを終えることになった。

上に戻る