fcb.portal.reset.password

Adriano celebra el gol amb els seus companys / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ホームで重要度の高いビッグゲームを迎える三日前、 バルサはマラガにて苦しみつつも、リーグ戦を順調に勝ち進んだ。ヘラルド・マルティノは、リーグ戦最初の遠征試合を勝利で飾り、ここ近年、バルサに幸運を与え続けてきたマラガのスタジアムでの伝説を守った。アドリアーノが決めた価値の高いゴールが、ロサレダでの勝ち点3につながった。バルサにとっては、このスタジアムで勝つのは、9回目になる。

バルサは、セスクを偽の9番に仕立て、ソングを守備的MfFとしてピッチに立たせた。 ヘラルド・マルティノは、スタメンのローテーションを行ない、この日曜日には、アドリアーノを右サイドバックに、ジョルディ・アルバを左サイドバックにおいて試した。また、バルデス、ピケ、マスチェラーノ、チャビ、アレクシス、ペドロが唯一、今までスタメンとしてプレーしてきた選手だった。

アドリアーノのエリア外からのシュート

マルティーノのチームは、先日の水曜日のアトレティコ戦と似たような試合展開を経験することになった。逆にマラガサイドは非常にうまくプレスをかけ、バルサの選手がゴールに近付いても、辛抱強くその攻撃に耐えた。一方で、攻撃に関してはFKなど、わずかなチャンスを見せたのみだった。 セスク、ピケ、アウベス はヘッドで、ペドロカバジェロをドリブル突破する寸前だった。イニエスタも正面からシュートを打ったが、それもカバジェロが救った。結局、その事態を打ち破ったのは、アドリアーノだった。エリア外からアドリアーノが左足で振りぬいたシュートがゴールに突き刺さり、世界中を驚かせた。チームの辛抱強さが、前半の貴重なゴールにつながった。

このゴールを決めた主役は、後半から アウベス と交代し、ハーフタイムにベンチへ退いた。いわく、右太腿の第二頭に違和感を抱えていたため、ハーフタイムから姿を消した。 先制されたところで、マラガは試合のスタイルを変えず、ドローに追いつくために

マルティノは、 後半になり、後、28分で試合終了という次点になって、ペドロの代わりにネイマールを投入し、点差を広げようとした。ネイマールは見事な個人プレーから、カバジェロをテストするためのシュートを繰り出したが、それが枠に突き刺さることはなかった。

試合終了間際に、セルジ・ロベルトもピッチに立った。最終的に試合はバルサの勝利に終わったものの、その大きな理由の一つは、ビクトル・バルデスが試合終了のホイッスルが鳴る前に、二回に渡り、見事なセービングを見せたことも大きく影響していた。

次の水曜日、カンプノウにて 23 時から、スーパー杯、今季初のタイトルをかけた試合が行われる。

上に戻る