fcb.portal.reset.password

記者会見中のルイス・エンリケF OTO: GERMÁN PARGA - FCB

ルイス・エンリケ・マルティネスは、FCバルセロナの新監督として就任し、5月21日水曜日に発表された。元バルサの選手であり、バルサBの監督でもあるルイス・エンリケは、バルセロナへ復帰した喜びを表現した。「今日はとても期待に満ちた特別な人だ。新しいバルサを僕らは作っていく」とトップチーム監督としてのスピーチを始めた。 

ルイス・エンリケは、最初から自らのスタイルを明らかにした。「僕らは攻撃的にプレーする。世界中の人達が虜になった魅力的なサッカーだ。それが僕らと他との違いを創るのだから。僕のニュアンスは与えるだろうし、選手がそれぞれの仕事ができるように彼らと話すよ」とコメントし、「きつくしめる必要はないと思う。手を取り合い、仕事に大しては強く要求していく」と付け加えた。 

ルイス・エンリケは、「最も素敵なことは、練習を楽しむことだ。これが素敵な職業なのは、毎日、そのメリットを引き出していくことができるからだ。目標はグローバルだ。全員、一致団結すれば、もっとずっと強くなれる」と話し、そのためにも、「多くの飢餓感を持つように要求していく。選手は日々、証明していかなければならない」と話した。

上に戻る