fcb.portal.reset.password
カンプノウのベンチに座るルイス・エンリケ

監督として発表された当日のルイス・エンリケ/ FOTO: GERMÁN PARGA - FCB

FCバルセロナの監督、ルイス・エンリケ・マルティネス は、急性虫垂炎のため、急遽、手術を行ない、その結果、無事に手術は成功した。数日以内に退院する見込みだ。

バルサの新監督として、5月21日に公表され、その日以降、スタッフと共に来季に向けて準備を行なっている最中だった。2014/15年のバルサ新体制は、7月14日から練習を行なう予定だ。 

上に戻る