fcb.portal.reset.password

Luis Enrique, en la seva etapa d'entrenador del Barça B. FOTO: Miguel RUIZ-FCB.

FC バルセロナのフロントは、今週の月曜日、午後に特別総会を開き、ルイス・エンリケ・マルティネスを次期トップチームの監督として迎えるとのアンドニ・スビサレタ強化担当ディレクターの提案を承諾した。44歳のルイス・エンリケはFCバルセロナを今後、2年間率いることでサインする。

ルイス・エンリケにとって、監督として大きな成功を収めた後、クラブでの3回目の時代を迎えることになる。最初は、1996年にレアルマドリードから移籍してきた。その強い個性と競争力の強いキャラクターで、すぐにバルサファンのハートをつかんだ。また、そのポリバレンス性とクオリティの高い技術、ゴール嗅覚により、チームの中心的役割を担った。

その3年間で、ルイス・エンリケはバルサの選手として、二回のリーグ優勝、カップウイナーズ1回、欧州スーパー杯1回などを手にした。ルイス・エンリケは、バルサで合計、8年間プレーし、a300試合を行い、109ゴールを決めた。また、最後の二年間(2002年から2004年)はキャプテンとしてつとめた。クラブを離れ、サッカー選手としてのキャリアに終止符を打った。

ユースの監督として記録

バルサとのつながりは、再び、 2008年に生じた。ルイス・エンリケは、当時2部BだったバルサBの手綱をとり、1年後には昇格を目前にしプレーオフまで息、その翌年、実際に2部Aへの昇格を果たした。ルイス・エンリケは、2部でバルサBが3位に終わった歴史的なシーズン2010/11年の監督をつとめた。 

水曜日に発表

次の水曜日にルイス・エンリケはFCバルセロナのトップチーム新監督として紹介される。12時にクラブオフィスにてサインを行い、13時から Auditori 1899にて記者会見を行なう。

上に戻る