fcb.portal.reset.password

Giuly, amb Adriano, a l'entrenament del Barça / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

元バルサの選手、 リュドヴィク・ジュリは、バルサTVと公式HP(fcbarcelona.cat)の取材に応じ、バルサで過ごした当時を振りかえり、現在のタタ・マルティノが率いるチームについて評価した。 「最高の3年間だった。僕らは素晴らしいチームを手にしていたし、当時の僕らたちはとても強かった。多くのことを制覇したよ」とジュリはまとめた。

バルサ時代のジュリについては、サン・シロでACミランを相手に2005/06年のチャンピオンズリーグ準決勝で彼が決めたゴールを思い出すファンは多い。 ジュリは、 「人々はいつも僕にミランでのゴールについて話す。僕にとってもチームにとってもとても対戦だったのは確かだが、あのゴールだけじゃない。3年間、とても幸せに過ごしたんだ」 とコメントした。

メッシがスタメンじゃなかった頃...

ジュリのバルサ時代は、トップチームに若きアルゼンチン人選手、レオ・メッシがやってきたのと重なった。ジュリは当時の小さな天才選手の登場が、彼がチームを離れる決断を下す鍵になったと明かした。 「僕はメッシが成長する様子を見て来た。彼とは3年間、一緒にプレーしていたが、最後の年は僕にとって難しい年だった」と説明し、 「チームから去る方を選んだ。レオがすごく強くなってきたのが見えたからだ。今は彼を見ていてとても幸せだ。彼は怪物だよ。今、ここにたどり着くために彼がしてきたこと全てがとても大切なんだ。彼はよく頑張った。僕は彼のためにも、とても満足しているよ」 とコメントした。

バルサ、家族的クラブ

リュドヴィク・ジュリは、このクラブで過ごした3年間の感触について、「バルサはビッグクラブだが、同時にすごく家族的なんだ。すごく気分をよくさせる特別な強いものがある。クラブにしても、町にしてもね」と説明した。

最後にジュリは、タタ・マルティノがバルサにやってきたことについて、正解だったと評した。「今、サイクルが変わったが、僕はいい感じだと思ってみている。監督が変わり、空気も変わったが、それはクラブにとっても、選手にとってもいいことだ。その変化によって、再び、みんなが集中するようになるだろう」とまとめた。

上に戻る