fcb.portal.reset.password
レバンテのスタジアムで 2010/11年リーグ優勝を祝う

レバンテのスタジアムで 2010/11年リーグ優勝を祝う FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

シーズン 1964/65: サプライズ大量ゴール (5-1)
リーグ戦5節目、 1964/65年にレバンテ有利の大量得点差ゲームが行われた。当時の新聞は、‘関心を払わない’バルサが、その名誉を救うために、フステのPKゴールを決めたと記した。トレンツ、ワンダーレイ(2)、スラフィン(2)は、バルサを相手に、現在まで唯一の勝利となる試合のゴールを決めた。



シーズン2004/05: ライカールト時代のリーグ戦初戦 (1-1)
レバンテは10年前まで、トップチームのクラブとして落ち着くことはなかったが、既にそのスタジアムでバルサは二度のリーグ優勝を手にしている。特にスペシャルだったのは、2005年であり、それまで6年間、連続で獲得できずにいた状況から抜け出したのだった。エトーが決めたゴールが、バルサがリーグ優勝するのに必要としていた勝ち点1を与えたのだった。


シーズン 2010/11: グアルディオラ時代のリーグ戦 最後の試合 (1-1)
6年後、歴史は繰り返された。シウダ・デ・バレンシアのスタジアムを去る寸前、バルサは36節の時点で、チャンピオンになるには、勝ち点1が必要だった。セイドウ・ケイタが決めたゴールが、ペップ・グアルディオラにリーグ優勝3連覇目をもたらしたのだった。



シーズン 2012/13: スタジアムにバルサユース出身イレブン 11人 (0-4)
昨シーズンもレバンテのスタジアムで歴史的な出来事が起きた。公式戦で、前半にレバンテのスタジアムで歴史的な出来事が起きた。lこの現代に、バルサは公式戦で、ユース出身出身選手11人をそろえたのだ。アウベスが負傷した13分と65分であり、バルデス、モントヤ、ピケ、アルバ、ブスケッツ、チャビ、セスク、イニエスタ、メッシ、ペドロがティト・ビラノバが選んだメンバーだった。

上に戻る