fcb.portal.reset.password

練習中のレオ・メッシ / FOTO: ARXIU FCB

水曜日にレオ・メッシの状態が快方に向かっていることが確認されたが。今週の金曜日、アルゼンチンサッカー協会の施設で行われた検査の結果、メッシは負傷の最も難しい時期を乗り越えたことが確認された。メッシは、これからフィジカルの準備を行なうリハビリの第三段階に入ることになる。

Hay que recordar que el doctor リカルド・プルナ 医師及び強化担当ディレクターのアンドニ・スビサレタが、火曜日にアルゼンチンを訪れ、レオ・メッシの回復状態を実際に追った。アルゼンチン人選手は、セビージャで11月10日に左足の二頭筋の断裂が起き、先月の29日から母国にてリハビリの第二段階を行なっていた。

スビサレタは、今週の日曜日にマドリードで行なわれるヘタフェ―バルサ戦(17時)を現地観戦する予定だ。この試合がバルサの2013年最後の試合となる。


上に戻る