fcb.portal.reset.password

2013年FIFAバロンドールで2位のレオ・メッシ

レオ・メッシは、2013年FIFAバロンドールで二位に終わった。バルサの選手は、4年間連続でバロンドールを制覇しており、7年間続けてベスト3にノミネートされている。メッシは、クリスチャン・ロナウド(マドリード)に次いで次点となり、フランク・リベリーが3位を占めた。

26歳のアタッカーは、全体票の24,72% を集めた。一方のロナウドは、27,99% 、リベリーは 23,36%だった。まず何より、彼を祝福したい。素晴らしい一年を過ごしたし、彼の感動は理解できるよ。 メッシのこの数値は、FIFA ワールドプレーヤー、 2010年のフランスフットボールバロンドール以来、2位として最も高いパーセンテージとなった。 1年前、ロナウドが2位だったが、1位のメッシが 23,7% 、2位のロナウドが 21,6%、3位のイニエスタが 17,36%だった。

いったん、授賞式を終えた後、レオ・メッシは二位に終わったことについて、「7年連続でここにいることができて、幸せだし、それはとても素敵なことだ」と話し、クリスチャン・ロナウドについて「まず何より、彼を祝福したい。素晴らしい一年を過ごしたし、彼の感動は理解できる」とコメントした。モチベーションは、勝った時と同じだよ。今はもっと成長していきたいし、もっと向上し続けて、より多くのことを達成し続けたい。チャンピオンズ、リーグ優勝、国王杯を制覇することは、個人賞よりもずっと大事だ。メッシは、今回、二位で終わったことを自然体で受け入れ、「モチベーションは、勝った時と同じだよ。今はもっと成長していきたいし、もっと向上し続けて、より多くのことを達成し続けたい。チャンピオンズ、リーグ優勝、国王杯を制覇することは、個人賞よりもずっと大事だ」と話した。

メッシのほかに、トップ6に全部で3人もの選手がバルサから選ばれた。ネイマールJr (5位) 、アンドレス・イニエスタ (6位)、スラタン・イブラヒモビッチ(4位)、フアン・ペルシ (7位)、ロッベン (8位)、ベイル (9位) 、ピルロ  (10位) がベスト10の選手となった。トップ10に3人もの選手を送り込んだクラブは、バルサ以外にはなかった。

前に向かって

今回、2位を占めたにも関わらず、 3回連続で受賞しているミヒャエル・プラティーニ (1983, 1984、 1985) 、やはり、3回受賞している ヨハン・クライフ (1971, 1973、 1974) 、 マルコ・フアン・バステン (1988, 1989、 1992)の記録を超えて、レオ・メッシはバロンドール史において最も受賞回数の多い選手だ。

他方、 年間最優秀ゴールは、元バルサの選手、スラタン・イブラヒモビッチ(PSG)が受賞した。ネイマールJrとナマンハ・マティッチ(ベンフィカ)が賞のファイナリストとなった。

上に戻る