fcb.portal.reset.password

アトレティコ相手に20ゴールを決めているメッシ

アトレティコ・デ・マドリードは、レオ・メッシが好む二番目の犠牲者だ。一番はレアルマドリードだが、メッシはトップチームでプレーし始めてから、アトレティコのゴールを20回破っている。その内訳は、リーグ戦17回、国王杯3回で、カンプノウでは12回、ビセンテ・カルデロンで8回、得点している。その一方で、今季、行なった3試合は、まだ、クロトワのゴールを破っていない。

バルサの '10' 番は、マドリードで水曜日におこなわれる試合での大きな脅威だ。チャンピオンズリーグでは、メッシはいまだアトレティコを相手にゴールを決めていない。

カルデロンのメッシのゴールは、ポジティブな結果の同義語だ。FCバルセロナは、メッシが得点した際、5試合中4試合で勝利をあげている。 2008/09年の4-3の試合のみ、メッシが得点したにもかかわらず、勝ち点3が手に入らなかった。

リーグ戦で25ゴール

メッシに対する楽観主義は、最近の試合でメッシが決めている得点数に起因している。最近、リーグ戦5試合でメッシは10点をマークしている。既にリーグ戦では25ゴールをマークし、リーグ戦最多ゴールを決めているディエゴ・コスタとクリスチャン・ロナウドの数字まであと、3点差と迫っている。ちなみに、今季、ロナウドは2試合、コスタは3試合、メッシより多くプレーしている。

上に戻る