fcb.portal.reset.password
オレ紙のインタビューに応えたメッシ

バルサ TVのインタビューを受けるレオ・メッシ / FOTO: ARXIU FCB

「再び、プレーするのは、僕の体がもう大丈夫と言った時が戻る時だ」とレオ・メッシは、‘ole’紙のインタビューで答えた。当初、メッシは6週間から8週間、完治にかかると言われている。怪我がどのように起きたのかという点については、メッシは「そうならざるを得なかったから、起きただけ。別におかしなことも、その原因を探す必要もない。打ち身と一瞬の変な動きが怪我につながっただけ」で、「怪我はただの偶然」だと付け加えた。「負傷するのはいいことではない。でも、だからといって、何も変えるようなことはない。起きなければならないから、起きてしまっただけだし、シーズン中に、多くの試合をこなしているのは僕だけじゃない。
  バルサの'10'番は、日常は何も変わっていないと話している。「僕の食事はいつも通りだし、いつもと同じことをしている。プレシーズンを理想体重でスタートしたし、シーズン最後までいい調子でいられるようにやっている。何も変化はないし、僕はこのやり方でここ数年、うまくいっている」と断言し、ここから先のことについても、「シーズンの最初に決めた通りの計画でやっていくよ。なんか、変なことを探したりする必要はない」と明言した。

また、プレシーズンについても、レオ・メッシは変えることはないと話している。「負傷するのはいいことではない。でも、だからといって、何も変えるようなことはない。起きなければならないから、起きてしまっただけだし、シーズン中、多くの試合をこなしているのは僕だけじゃないし・・・。リーグ戦に参戦している選手なら、みんな同じだよ」と説明した。人々が心配してくれるのは、その人のことを認めてくれているからだと思う。だから、自分のFacebookをとして感謝を表現したんだ。
また、フィシオセラピストのフアンホ・ブラウについても、「彼はFCバルセロナのフィジオセラピストで居続けているが、前よりも責任が重い。彼がボスになったからだ。そういったことは人生において成長させる。僕はノーとも彼の可能性を切るようなことも言わないよ」と話した。

最後に、レオ・メッシは、怪我した時に多くの人々が示してくれた援助に対して、あらためて感謝を述べた。「人々が心配してくれるのは、その人のことを認めてくれているからだと思う。だから、Facebookをとして感謝を表現したんだ」とその気持ちを表現した。

[[BOTOVERMELL::Olé紙++インタビュー全文::http://www.ole.com.ar/seleccion/titulo_0_1031296918.html::HOR::NF::NO-TRACKING::::::]]

上に戻る