fcb.portal.reset.password

Messi, agradecido con un compañero / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

アヤックスを相手に決めた3ゴールで、 レオ・メッシは、 チャンピオンズリーグ史上初の4回、ハットトリックを決めた最初の選手と化した。この新たな記録で、バルサの‘10番’は、バイエルン・ミュンヘンと共に3回、ハットを決めたマリオ・ゴメス、ミランとユベントスで同じ記録を作ったフィリポ・インザギの記録を超えることになった。

チャンピオンズリーグの試合を終えた後、ハットトリックを決めたことのご褒美に、ボールを手にロッカールームにレオ・メッシが向かうのも、これで4回目になった。このヨーロッパの大会で、誰一人、達成することができなかったことだ。

ロサリオ出身の選手は、90分間フル出場を果たし、 ゴールチャンスを6回手にし、そのうちの4回をゴールに変えた。UEFAのデータによれば、2回のファウルに苦しまされ、全部で 8.647m、走っている。

ラウルにより近づく

今日の3ゴールで、 メッシはチャンピオンズリーグにおいて62ゴールをマークした計算になる。2004年12月7日にドネツクでデビューし、このチャンピオンズリーグ史において、既に最多得点ランキングの2位だ。1位の  ラウル・ゴンサレス (71)との差も日々、縮まっている。

時間が経つにつれて、僕らはより、うまく適応していけるようになった試合後、メッシは、欧州大会の最初のグループリーグで、「勝利をあげてスタートする」ことの重要性について話した。前半はそれほどよくなかったことを認めながら、「時間が経つにつれて、僕らはより、うまく適応していけるようになった」とコメントした。

上に戻る