fcb.portal.reset.password

Neymar i Messi, abans del partit

レオ・メッシとネイマールJr. は、ほぼ2年ぶりにピッチで顔を合わせた。火曜日から水曜日にかけての真夜中に、両者はリマ(ペルー)でエキシビションマッチを行ない、メッシの友人対残りの世界の選手達で組まれたチームは、現地の人々の前で盛大な試合を繰り広げた。ゲーム結果は、メッシ誘致の8-5で終わり、メッシ自身、2ゴールをマークして、チームのリーダーシップをとった。

クラブワールドカップ以来の再会

ペルーナショナルスタジアムが、‘巨人対決’の舞台となった。レオ・メッシとネイマール、FCバルセロナの新たなチームメートは、2011年のクラブワールドカップ以来、初めて顔を合わせた。その際、バルサはサントスを4-0で制したが、今回は状況が全く変わった。二人はバルサのチームメートになったからだ。「レオ・メッシが世界一で居続けられるように、炊けるよ」とバルサに獲得された直後にネイマールはコメントしている

二人は試合前に親しく挨拶を交わした後、その後の試合では、それぞれがゴールを決めてエキシビジョンマッチにふさわしい試合を行なった。メッシは2ゴールをマークし、ネイマールJrはPKを失敗したものの、やはり、2ゴールを決めて試合を終えた。 40メートルの距離から決めたスーパーゴールは、試合で際立ち、スタジアムを熱狂させた。

メッシとネイマール以外に、バルサからは三人の選手がリマのピッチに立った。ハビエル・マスチェラーノ、アレクシス・サンチェス、ダニ・アウベスで、アウベスはゴールを決めた。また、元バルサプレーヤーのエリック・アビダルも参戦した。マスチェラーノとアウベスは試合後、ソーシャルレッドでその感想を下記のように伝えている。

上に戻る