fcb.portal.reset.password
10月の練習時のピント

10月の練習時のピントFOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

FCバルセロナのゴールを60試合以上、守っている ホセ・マヌエル・ピントは、2008年にアウベルト・ジョルケラが負傷した際に、代わるべくやってきたカディスは、エル・プエルト・デ・サンタ・マリア出身、38歳のゴールキーパーだ。 その時以来、現在までバルサで勤めているが、常にビクトル・バルデスの影として過ごして来た。とはいえ、必要とされる時は、必ず、応えてきており、今までに63試合に参戦し、失点数は56だ。

今週の土曜日、グラナダとの対戦で、ピントは、今季2013/2014年、最初の公式試合に出場する。タタ・マルティノが認めれば、今週末から、最低でも8試合を続けてプレーすることになるだろう。 リーグ戦に関して言えば、過去にスタメンとして21試合、1890分の出場を果たしている。

6 試合無敗、高い効率

ピントがBBVAリーグに出場した 21試合のうち、6試合は無失点に抑えている。失点総数は、23点だ。とはいえ、全体でセービングしている確立は72,3%と非常に高い。また、自己記録として、2011/2012年にはセーブ率 89% を得ている。

ピントは、プレーしているここ6年で全部で60試合をこなしており、そのうち、21試合がリーグ戦だ。他の大会では、国王杯で38試合チャンピオンズリーグが4試合(全試合、無失点におさえている) だ。

上に戻る