fcb.portal.reset.password

Jorge Pautasso, en roda de premsa / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

プレースタイルは、触わらない。これがここ数日、タタ・マルティノが、そして今週の金曜日はホルヘ・パウタソが伝えた考えだ。「決してスタイルを裏切ることはない。なぜなら、我々はここにプラスを加えるために来たからだ。バルサがここ数年やってきた全てのいい部分を取り出すことはない。 うまくいかない時はあるし、その時は後ろに下がるかもしれないが、だからといって、カウンターをベースにしたプレーをしているわけではない」 うまくいかない時はあるし、その時は後ろに下がるかもしれないが、だからといって、カウンターをベースにしたプレーをしているわけではない
アルゼンチンに亡くなった父親の葬儀に出席するためにアルゼンチンへ行ったマルティノの代わりに、今回、記者会見に現れた第二監督は、コーチスタッフの考えは、「ここ数年のプレースタイルをキープしながら、以前の高い位置でのプレスを取り戻すこと」だと伝えた。

「複雑な試合」

アヤックス戦を分析した後、今回はバジェカスでの試合を行なう。「非常に複雑な試合になるとわかっている。なぜなら、ラヨはリスクを犯し、超攻撃的にせめてくるチームだからだ。試合は開かれたものになるだろうが、違いを見せつけることができるよう、期待している」とパウタソは説明した。もし、ピケがプレーできない場合は、マルク・バルトラが最も理に叶った選択だろう
スタメンについては殆どヒントを出さず、中心となっている疑問は、違和感を抱えているピケがいるディフェンスであることを明かした。「医師団が介抱し、良くなった。練習後に決めることになる」と話した。

もし、ピケがプレーできない場合は、 バルトラがマスチェラーノと共にプレーする確率が高いだろうとパウタソは話し、「それが最も理に叶った選択だろう」とコメントした。

マルティノがバジェカスで試合を率いる

最後にパウタソは、タタ・マルティノはバジェカスでベンチに座るのに間に合うように到着すると認めた。「マルティノはもう、アルゼンチンを出発して、マドリードに向かって飛んでいる。もし、全てが問題なくいけば、私達が到着した時、彼はむこうで私達を待っていることだろう

上に戻る