fcb.portal.reset.password
Alba during a promotional event

イベントでのジョルディ・アルバ / FOTO: ALEJANDRO GARCÍA

ジョルディ・アルバは、リハビリの最終段階に入っている。10月10日に左脚の前面の筋肉を痛めてから、リハビリを続けてきたが、後、10日から15日間でトップチームの練習に戻れることを願っている。「つらい時間を過ごした。それも酷くつらかった。僕は人生において、怪我をしたことがなかったから。3週間の怪我だったのが、6週間になった。ようやく光が見えてきた。毎日、少しずつ良くなってきている。一刻も早く練習に戻って、チームメートと一緒にプレーしたい気持ちでいっぱいだと、月曜日にフアン・カルロス・ナバロの出席したプロモーションイベントで、アルバはコメントした。一刻も早く練習に戻って、チームメートと一緒にプレーしたい気持ちでいっぱいだ。
ジョルディ・アルバは、10月10日に負傷する前に、逆脚、右足の大腿二頭筋を痛めていた。

チームについては 「僕らはプレーについて議論されていても、とても落ち着いている。あらゆる人々にそれぞれの好みがある。僕らは結果を残しているし、プレー自体も良いものだ。外からチームを見ているけれど、僕は素晴らしくみえる。今は僕らはより選択肢を手にしているし、もっと向上するのは絶対だ」とコメントした。僕らはプレーについて議論されていても、とても落ち着いている。あらゆる人々にそれぞれの好みがある。僕らは結果を残しているし、プレー自体も良いものだ。
メッシの負傷について聞かれたアルバは、明白だった。 「彼をそっとしておくべきだよ。大丈夫になったら戻ってくるよ」なぜなら、「彼は他と大きく差をつけて、彼がいたい限り、世界一なのだから。世界中が彼が世界一だとわかっている」と付け加えた。

上に戻る