fcb.portal.reset.password

Xavi, contra l'Almeria, el 2008. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

-アルメリア は、二年間、2部でプレーした後、トップリーグに戻ってきた。

- アルメリアの監督は、フランシスコ・ロドリゲス・ルチェス で、今季、トップリーグ最年少監督 (35 才)だ。六腑チームを率いる前は、アルメリアのユースを統率しており、選手としてプレーしていた当時、チームの最多得点王となり、UDアルメリア史に名を刻んだ。

- フランシスコは、バルサと  2004/05年のシーズンにアルバセテの選手として対戦したことがある。

- この監督は、リーグ戦でレオ・メッシ が初ゴールを決めた時の試合で、68分間プレーしていた。

- アンダルシアでもカンプノウでも、このチームがバルサを相手に勝利をあげたことはない。

- アルメリアでのリーグ戦最近での6試合は、3勝3分けだ。

- 最後にリーグ戦で対戦した時は、 2010/11年の0-8 であり、FCバルセロナのリーグ戦におけるアウェー最多得点ゲームとなった。l

- バルサはあと1勝で 史上最高の開幕戦記録 を達成する。過去に開幕から7連勝したことはない。

- タタ・マルティノが率いるチームは、 欧州内で最多ゴールチーム と化しており、1試合平均ゴール数は3,6 だ。.

- その逆にアルメリアは、 いまだにリーグ戦で6節中1勝もあげていない2チームのうちの一つだ。もう1チームはエルチェだ。

- アルメリアは、8 ゴールを決めているが、チームの最多得点王は、4得点を決めているバルサの元アタッカー、ロドリだ。

- 現在のアルメリアのメンバーに、過去にバルサと対戦したことのある選手は9人いるが、その中でバルサに勝った経験があるのは、ベテラン選手のソリアーノとエステバンのみだ。

- フェルナンド・ソリアーノ は、サラゴサの選手として 2003/04年にバルサを制しており、 エステバンはオビエドでプレーしていた 1997年から 2000年の間に、3回、バルサに勝っている。

- コロナ は、バルサと対戦した回数が最も多いアルメリアの選手だが、その内訳は、2分け9敗だ。

上に戻る