fcb.portal.reset.password
タタ・マルティノとシメオネ

タタ・マルティノとシメオネ、正面対決

シメオネは、監督としてバルサには決して勝ったことがない、メッシはビセンテ・カルデロンで8ゴールを決めている、そのうち、最近3試合は常に同じ結果に終わっている・・・様々な興味深いデータをここから、総チェックする。

  • シメオネは、バルサを相手に監督として勝利をあげたことはない。現在までの内訳はリーグ戦で3敗、今季の頭に戦ったスーパー杯で2分けだ。
  • アトレティコのチームは、元バルサの選手、ダビッド・ビジャがいる。ビジャがバルサのユニフォームを着て、最後に決めたゴールは2011年9月24日、現在、所属しているアトレティコに対して決めたゴールであり、その日、1ゴールを決めて、バルサの勝利(5-0)を助けたのだった。
  • ビセンテ・カルデロンで行われた最近のリーグ戦3試合では、毎回、同じ結果、1-2で試合を終えている。
  • そのうちの2試合で、レオ。メッシはゴールを決めている。2011/12年は、ダニ・アウベスもゴールを決めた。2010/11 年に得点したのは、ジェラルド・ピケだった。昨年は、アレクシスとガビ(オウンゴール)が得点している。
  • リーグ戦において、カルデロンで3連勝する前、バルサはその前の3年間、2-1, 4-3 、 4-2で連覇していた。
  • バルサのカルデロンにおけるリーグ戦で、最多得点差での勝利は、 2006/07年の 0-6だ。当時、ゴールを決めたのは、サンブロッタ、ロナウディーニョ、エトー、イニエスタ、2得点をあげたメッシだった。
  • まさにそのメッシは、アトレティコ・デ・マドリードとの対戦を決める鍵となっている。というのも、過去に20ゴールを叩き込んでいるからだ。そのうち、8ゴールはアトレティコのホームで決めたものだ。
  • 昨シーズンのリーグ戦での2試合で、アトレティコはそれぞれ各ゴールをあげている。ゴールを決めていたのは、現在、モナコに所属しているコロンビア人アタッカーのファルカオだった。
  • 現在、アトレティコで攻撃の主軸となっているのは、ディエゴ・コスタで、19ゴールを決めている。もし、バルサを相手に得点できなければ、今季、初めて2試合連続で得点できなかったことになる。
上に戻る