fcb.portal.reset.password

Andrés Iniesta, durant una visita al plató de Barça TV / FOTO: ARXIU FCB

アンドレス・イニエスタは、今週の金曜日、故郷のフエンテアルビジャでカスティージャーラ・マンチャの公式ファンクラブにその栄誉を称えるイベントを開き、参加していた。 そのイベントを通じて、イニエスタは ティト・ビラノババルセロナのトップチームの監督として継続しないとバルサが発表し、それは新しい治療と合致しないからだと知って、励ましの声を送った。バルサの‘8番’はイベントで「ティトはこの醜い争いに必ず、勝って戻ってくる」と訴えた。

故郷の家の側で行われたこのイベントについては、「僕にとって、今日はコントラストの強い日。僕のことを称えてくれる多くの人達に囲まれて幸せな反面、ティトのことを思うと複雑だ」とその胸中を明かした。イニエスタは、とりわけ、元監督に対し、敬意を払って欲しいと訴え 「もっとも大事なのは人となりなのだから」と話し、「早く全てが終わるように祈っている」と話した。

ジョルディ・アルバにとっては  「とても悪いニュース」

バルサのトップチームで、ティト・ビラノバとチームが過ごしているつらいこの状況に対して声を出したのは、イニエスタだけではなかった。 ジョルディ・アルバは、 ポータルサイト 'latdp.cat' を通じて、今回の状況について「何も知らなかったら、驚いた。でも、再び、それが認められるなんて、だとしたらとても悪いニュースだ」と話し、夏のカンプスに参加しながら、ティト・ビラノバの仕事ぶりを評価した。「彼は素晴らしい仕事を行なってきた」からこそ、 「できるだけ、早く回復して戻って来られることを願っている」とコメントした。

上に戻る