fcb.portal.reset.password

記者会見でのイニエスタ

バルサTVに出演した時のイニエスタ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

アンドレス・イニエスタは、エネルギードリンクの広告イベントで。チームメートのレオ・メッシについて話した。「レオについては、僕は何の疑問も持っていない。彼はここで引退すべきだ。ここ以上に最適な場所はないし、バルサはメッシのような選手を見つけることはない」とコメントした。また、バルサのリーグタイトルの可能性について「もし、可能性があるなら、残り4試合全部に勝てばの話だ」と現実的に分析し、「サッカーの最悪な点は、自分達自身ではどうにもできないこと」と現状を語り、「1992-93年のテネリフェのリーグ戦は、バルサは周囲の予想を裏切ってチャンピオンになったのをいい思い出として覚えている」と話した。

スタイルは変えない

イニエスタは、また、「僕らは通常ではない多くの状況を過ごしてきた。それはエネルギーを奪い取るもの」としながら、将来については慎重さを示し、「いったん、シーズンが終わってから、全てを分析し、しなければならないことをすることになるだろう」と話した。とはいえ、イニエスタがはっきりとわかっているのは、「バルサのスタイルに交渉の余地はない。そこをベースにして、バルサはどんな扉も占めることはできなし、それは選手に対しても同じだ」とコメントした。

上に戻る