fcb.portal.reset.password

Ibrahim Afellay i Isaac Cuenca lluiran els dorsals 19 i 23 / FOTO: ARXIU FCB

タタ・マルティノを筆頭とするFC バルセロナのスタッフコーチとスポーツ部門は、イブラヒム・アフェライとイサック・クエンカに今季、トップチームの背番号を与えることを決めたと発表した。アフェライは19番を、クエンカは23番をつけることになる。クエンカの背番号は、レンタル移籍前と同じものだ。

二人は、昨シーズン、プレー時間を求めて、スペインリーグを離れていた。それぞれのレンタル先から帰ってきた両選手は、今季、FCバルセロナに再び、再編入した。アフェライは、ブンデスリーガのシャルケ04でプレーし、クエンカはオランダリーグのアヤックスのユニフォームを着ていた。

リハビリの真っ最中

アフェライもクエンカも、それぞれの負傷のリハビリをしている最中だ。アフェライは8月22日に慢性化した右大腿筋肉前筋の手術を行ない、一方のイサック・クエンカは、右膝の外側半月板の関節鏡の処置のリハビリを行なっている。手術は6月7日に行われており、完治までの期間は3か月から4か月とみられている。

上に戻る