fcb.portal.reset.password

Messi, durant el partit a Chicago / FOTO: AP / CLARÍN.COM

レオ・メッシは、今週の土曜日、シカゴ(米国)で行われたチャリティ・マッチの堂々たる主役となった。アルゼンチン出身のクラックは、この親善試合で、総計 3ゴールをマークし、 メッシの友人で構成されたチームを助け、世界の残りの選手で構成された代表を9-6で制した。この試合のために、25000人もの観客が集まった。この慈善試合で得られた収益は、全てチャリティを目的としたメッシの財団に寄付される。

見知った顔ぶれ

レオ・メッシ以外にも、バルサファンにはなじみの顔ぶれがそろった。メッシと一緒のチームでは、バルサのチームメート、ハビエル・マスチェラーノ がプレーし、一方で、対戦相手のチームには、元バルサのプレーヤー、ティエリー・アンリを始め、エセキエル・ラベツィ、ダニエル・オスバルド、パブロ・アイマール、アリエル・オルテガなどが参戦した。このシカゴでの試合は、レオ・メッシのサマーツアー最後の試合になった。

上に戻る