fcb.portal.reset.password

カルデロンで国王杯決勝のアスレティック戦を準備するグアルディオラとビラノバ/ FOTO: MIGUEL RUÍZ - FCB

バイエルン・ミュンヘンがベルデル・ブレーメンを前に勝利 (5-2)をあげた後、ペップ・グアルディオラは記者会見場に現れ、ティト・ビラノバとその身近な人々に対してのことばを述べた。「彼の父上、ジョアキン、母上、マリア・ロサ、奥様のモンセ、そして娘さん、息子さんのカルロタとアドリアに、私と私の家族から、心からお悔やみを申し上げたい」と述べた。

グアルディオラは、ビラノバを第二監督として5年間、バルサで共に過ごし(バルサBで1年、トップチームで4年間)、マシアで二人が知り合った時から、ティト・ビラノバと過ごしてきた全ての時間を思い起こし、「私達はとても若く、世界をあっと言わせたいと思っており、実際にそうなった。私が感じているこの悲しみは、一生、私から離れることはないだろうと表現した。

ビラノバ逝去の涙にくれるバイエルン

スポーツ界の多くのクラブと人々がこのバルサの元監督の早すぎる死を悼んだ。そのクラブの一つがバイエルン・ミュンヘンであり、今日、公式サイトに、カール・ハインツ・ルメニゲジェネラルディレクターが、ドイツ語とカタルーニャ語で以下のように掲載した。「バイエルン・ミュンヘンは、ティト・ビラノバ逝去のニュースを深い悲しみと共に受け取りました。私どもは、FCバルセロナの元監督が昨季、ミュンヘンを訪れた際に本人と知り合う機会を持ち、偉大な監督であり、素晴らしい人柄であると評しておりました。ティト・ビラノバはペップ・グアルディオラとそのスタッフコーチと特別な結びつきを持っていました」

バイエルンの選手らは、喪章をつけて試合を行ない、また、試合前に1分間の黙とうを捧げた。

上に戻る