fcb.portal.reset.password

08年チャンピオンズリーグ準決勝で敗れた後、バレンシアを6-0で制した。 / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

2013/14年のチャンピオンズリーグは、バルサにとっては、既に歴史となった。つらい敗退の悲しみは、しかし、土曜日まで引きずってはならない。ヘラルド・タタ・マルティノの率いる選手らは、リーグ優勝をかけて、グラナダで戦う必要があるからだ。  (20 時, GolT 、 Canal + Liga局).

最近のこういった前例は、楽観を呼んでいる。欧州で別れを告げた際は、リーグ戦では好成績をその後、収めるケースが多い。実際、チャンピオンズリーグ敗退後の結果は、5勝1分けという数字が出ている。

1年前、 FC バルセロナは、バイエルンにチャンピオンズで敗れた後、ベティスを4-2で破った。それより2年前のチェルシーを前にした敗退の時は、その悲しみを大量ゴールで紛らわした。その時の相手は、ラヨ・バジェカーノで試合は0-7に終わった。

  4年前、ウェンブレイで4度目のチャンピオンズリーグの優勝杯を持ち上げる前、バルサはビジャレアルで非常に重要な試合(1-4)を制した。それは、インテルに心臓破りの準決勝で敗れた後だった。また、 2007/08年のバレンシアは、マンチェスターユナイテッドに負けた後、その代償を払わされた(6-0)。同様に 2005年のベスト16でリバプールを相手にバルサが敗退した時、アスレティック・クラブは、2-0で負けるハメになった。

2006/07年のみ、マドリードを相手にしたクラシコだけは、チャンピオンズリーグで敗退した後のリーグ戦だったにもかかわらず、ドローに終わった。試合は、レオ・メッシがハットトリックを決め、3-3に終わった。

敗退後の結果一覧

2012/13 FCB-ベティス (4-2)
2011/12 ラヨ-FCB (0-7)
2009/10 ビジャレアルl-FCB (1-4)
2007/08 FCB-バレンシア (6-0)
2006/07 FCB-マドリード (3-3)
2004/05 FCB-アスレティック (2-0)

上に戻る